ジューリョーAGAINが根暗オタも重量挙げが出来るツイートで良かった

神様は生きるのがつらいは、正に神が自分で死のうとしているシュールな状勢から始まって、全く驚いてしまいました。どうも神秘々の世界でもキャラクターと共に不同社会になっているみたいで、主人は閉じこもり等々らしいですね。出雲へ宴へ伺う事が、エリート集団の中に、たった1人で無職が紛れ込む感じですとか無茶言っています。はたしてこういう神様は生きるのがつらいみたいで困り果てていると、1人の女児がオフィスに倒れていました。神は生け贄という誤解しますが、ただの行き倒れだというソリューションに達します。ただし、制服女児が神社に倒れているとか、何か事由がわかりませんね。女房が目を覚ますといった、申し上げる獣という神が近くにおけるという驚愕の局面ですが、まるっきり驚く雰囲気がありません。むしろ、神に対して歓喜の単語を響かせるくらいで、難問は深まって行く片方ですね。こういう赤ん坊は野々宮春といって、近所で祖母って暮らしていたけど、その祖母がなくなり1クライアントになったみたいです。次いで何でもするから神秘の近くに対してほしいとかいう馬鹿な事を言いだすわけです。無職な神が、一気に甘い女児と共に住むとか、ある意味羨ましいと思います。普通の紳士なら、あっという間に襲いかかってしまいそうなものですが、主人は神秘とはいえ引きこもりだけに、軽々と女児のいうがままになる。なので野々宮春という赤ん坊が中学というのも、少しびっくりしましたよ。神が、役割講習女児を夫人にしたい上に、即却下されて凹むとかユニークすぎだ。これ程貧弱神だったら、他のマスター神秘陣って巡り合うのが不愉快のは当然ですよね。しかも、直ちに首を吊ろうとするとか、さんざっぱら斬新な神ですよ。これだけ面白かったら、読まないなんて候補はありません。居候の女児を夫人にするには、必ず参宮人を繰り返す必要があるからといって、ベトベト違うベクトルに関わる神も笑えました。

墜ちない人生を目指して